ここでは、「相続人の範囲と法定相続分」、「遺言書と遺留分」、「遺産分割協議」、「債務と相続の放棄」の4つのテーマについて、相続の法律の基礎になるお話します。具体的なことは、下の●の右横のタイトルをクリックしてください。それぞれの記事のページに飛びます。
 「もう少し詳しい話」は、 基礎知識の中のもう少し詳しい話です。 クリックすると、このページの次の目次に飛びます。これから増やしていきます。もっと詳しい話は、「相続コラム」や「遺言コラム」をご覧ください。

相続人の範囲と法定相続分
  ~ 誰が相続人になって、その取り分の割合は?
遺言書と遺留分
  ~ 遺言書ってどういう時に書く必要があるの? 気をつけるのはどういうこと?
遺産分割協議の方法
  ~ 遺産を分ける時はどうすればいいの?
債務と相続の放棄相
  ~ 亡くなった人に借金があったらどうなるの?
もう少し、詳しい話の目次

 相続、特に遺産分割協議のご相談を受けていると、びっくりするくらい相続のことを知っている方がいます。びっくりまでは行かなくても、ある程度、勉強をされてから相談に来られるようです。相談に来られる前に、遺産分割の協議をして、それがうまく行かないので相談に来られる方も多いようです。そのため、相談に来られる前から、相続のことを勉強しているようです。
 ただし、時には残念ながら、「それ、間違ってます」という場合もあります。専門家ではないのですから、「多分、こうだろう」と思ったことが間違っているのは仕方がありません。また、「そこから先」のことが分からない方は多いです。それができたら、弁護士の仕事がありません。

 ということで、具体的なこと(特に、解決方法)は相談に来られた方がよろしいと思います。また、一般向けでも、法律について書いてある本は読むのが大変です。直接、弁護士から話を聞いた方が手っ取り早いです。

 ここでは、基礎知識ということで、知りたいことを知る手かがりになればということで書いています。これを読んでから相談に来てください、ということではありません。実際に直面している問題の部分だけ読んで、ちょっと知ってもらえればと思って書いています。ただし、「相続とは何か」とか「遺言書とは何か」とか「債務とは何か」みたいな教科書みたいな話は書いていません。常識程度の漠然としたイメージを持っていれば、読み進められるように書いています。

「相続人の範囲と法定相続分」は、誰と誰が相続人で、その法定相続分(取り分の割合)がすぐに分かるように書いてあります。メモ代わりに使える内容になっています。子どものいない夫婦の1人が亡くなった場合に大変なことが起こることがある、という話を聞いたことがあるかも知れませんが、そのこともお話します。代襲相続人(簡単に言うと孫です)や養子の場合など、あれ、どうだったかなと思うことや、間違い易い点などを書いてあります。ご自身に関係あるところだけ読んでいただければと思います。
 代襲相続人(孫)については、もう少し詳しいお話をします。(→「代襲相続人(孫)の地位」

「遺言書と遺留分」は、遺言書を書かなければいけないと思って悩む前に、本当に書く必要があるのか、どういう時に必要なのか、という説明から始めています。遺言書を自分で書く場合には、形式を間違えると無効になるので、その簡単な説明もしています。また、遺言に限らないのですが、遺留分というものがあって、これが問題になるのが遺言の場合に多いのでその説明もしています。

「遺産分割協議の方法」は、ドラマのイメージだとみんなが集まって、話合うというイメージで、実際にそうするのが普通ですが、そうしなければいけないということはないんです、というところから話を始めます。

「債務と相続の放棄」は、亡くなられた方に借金があったらどうなる、というお話です。相続人が多数の場合、誰がいくら払うのか問題になります。また、財産よりも借金の方が多い場合にはどうするんだ、という話もします。そこで、「相続の放棄」の話になります。亡くなった父親が借金まみれだったので相続放棄した、という場合には、おじさん、おばさんに飛び火することがあります。そこで、どうする、ということもお話します。

 

【もう少し詳しい話の目次】
代襲相続人(孫)の地位

▲TOPへ