【相続人の範囲と法定相続分】

 相続は、亡くなられた方の財産をどうするのか、ということです。そこで、亡くなられた方とあなたの関係から、あなたはどんな権利を持つことになるのか。その手かがりとして、ここでは、相続人の範囲と、法律で決められている遺産に対する権利の割合について、お話をします。

【目次】
法定相続分とは

A(男)が亡くなった。妻と子がいる。
A(男)が亡くなった。妻はいる。子はすでに亡くなっているが孫がいる。
A(男)が亡くなった。妻がいるが、子がいない。
妻も子もいないが、親がいる。
妻も子も親もいないが、兄弟姉妹がいる。
 ~異母兄弟姉妹の場合は?

従兄弟は相続人にならないの?
養子の場合は?
代襲相続人(孫)の地位 
(1) 親が亡くなった場合だけではありません
(2) 相続の放棄をしても代襲相続はありません
(3) 親の相続のときに相続放棄をしても祖父母の代襲相続人になれます
(4) 遺言の代襲相続はありません

 

法定相続分とは

 相続人が1人しかいない場合には、その人が全部の遺産を相続します。しかし、複数の人が相続人になる場合は、誰がどれだけ取れるのか法律で決まっていないと、話し合いにもなりません。
 相続分とは、遺産全体の取り分(割合)のことです。法定相続分とは、法律で決まった取り分のことです。法律で決まっているからと言って、変えられないものではありません。遺言書や相続人全員の合意で変更することができます。ただし、通常は、遺言がない場合には、法定相続分を前提にして、遺産分割協議をして、具体的に相続する財産を決めることになります。

▲TOPへ

 

●A(男)が亡くなった。妻と子がいる。

 妻と子が相続人になります。妻の法定相続分は1/2。子は人数に関係なく、全部で1/2。子が1人なら1/2ですが、子が2人なら1人あたりは1/4です。
 なお、父親が同じでも、母親が違う子がいる場合(例えば、離婚した先妻の子と亡くなった当時の妻(後妻)の子がいる場合)でも、子の相続分は同じです。

▲TOPへ

 

●A(男)が亡くなった。妻はいる。子はすでに亡くなっているが孫がいる。

 この場合、孫が子の代わりに相続人になります(これを代襲相続=だいしゅうそうぞくといいます)。亡くなった子の相続分が孫(その子の子)全員の取り分になります。
 つまり、亡くなった子の相続分を、孫の人数で割ったものが、孫1人あたりの相続分になります。

 例えば、子が2人(BとC)いて、CがAよりも先に亡くなっていて、Cに2人の子(Aの孫)がいる場合、妻は1/2、Bは1/4、Cの2の子(2人の孫)は1/8ずつ(合わせて1/4)になります。
 代襲相続人(孫など)については、「代襲相続人の地位」もご覧ください。

▲TOPへ

 

●A(男)が亡くなった。妻がいるが、子がいない。

 この場合、妻が全部取れそうですが、違います
 Aの親がいれば、妻の相続分は3分の2、親の相続分は3分の1になります。
 Aの親がすでに亡くなっている場合でも、Aに兄弟姉妹がいると、妻の相続分は4分の3、兄弟姉妹は全員で4分の1になります。
 また、兄弟姉妹がすでに亡くなっている場合でも、兄弟姉妹に子(Aから見ると甥姪)がいると、先ほどの孫の場合と同様に甥姪が兄弟姉妹に代わって相続人になります。ただし、甥姪の子が相続人になることはありません。甥姪までです(子、孫の場合は、子、孫が亡くなっていてもひ孫がいれば相続人になります)。

 妻にしてみれば、自分が全部相続できると思っていたのに、夫の兄弟姉妹が相続人になることは納得できない、ということもあるかも知れません。その場合、夫が遺言書を作り、妻に全部の財産を相続させる、と書いてあれば、妻が全部相続することになります。兄弟姉妹には遺留分がないので、兄弟姉妹から遺留分減殺の請求を受けることはありません
 無論、兄弟姉妹が相続を放棄したり、遺産分割協議で自分はいらない、ということで、妻が全部相続するということもあり得ます。ただし、これは兄弟姉妹の意思によります。

▲TOPへ

 

●妻も子もいないが、親がいる。

 この場合は、親が相続人になります。親がいないが祖父母がいれば、祖父母が相続人になります。

▲TOPへ

 

●妻も子も親もいないが、兄弟姉妹がいる。

 この場合は、兄弟姉妹には人数に応じた相続分があります。

 ただし、兄弟姉妹だけれども、両親が一緒ではない、というケースがあります(異母兄弟、異母姉妹、異父兄弟、異父姉妹です)。
 例えば、父親は同じですが、離婚した先妻との間にも子がいて、再婚した後妻との間にも子がいるとします。そして、Aが先妻との間の子だった場合で、Aと母親が同じ兄弟姉妹がいる他、Aとは母が違う兄弟姉妹(要するに後妻の子)がいるとします。Aの父も母(先妻)もすでに亡くなった後に、Aが亡くなったとします。そのAに妻も子もなければ、兄弟姉妹だけが相続人になります。この場合、Aと母が違う兄弟姉妹も相続人になりますが、Aと母が同じ兄弟姉妹の1/2の相続分になります

▲TOPへ

 

●従兄弟は相続人にならないの?

 妻、子もなく、兄弟姉妹もなく、両親もすでに亡くなっている場合でも、仲のよい従兄弟(いとこ)と親しくしている場合があります。
 しかし、従兄弟は相続人にはなれません。子も妻も親も兄弟姉妹も甥・姪もいなければ、相続人は存在しない(不存在)ことになります。この場合、遺言で従兄弟その他の第三者に財産を譲ると書いてなければ、遺産は原則として国のものになってしまいます。

 相続人がいない場合でも、亡くなられた方と特別な縁故があった人に対して、財産の分与が認められることがあります(申立によって相続財産管理人が選任された上で、次に、財産を分与してほしいという申立をして、家庭裁判所が判断します)。内縁の妻や事実上の養子(正式な養子縁組をしていないけれど子として育てられた子)などは特別縁故者として財産の分与が認められる傾向があります。

 しかし、従兄弟の場合、通常と同じような親戚づきあいをしていたというだけでは特別縁故者とは認められません。通常の親戚関係を越えた特別な事情が必要になります。このため、かなり親しい関係にあって、兄弟のように付き合っていたとしても、従兄弟が特別縁故者と認められることは難しく、認められたとしても財産の一部しか分与が認められない(その他は国のものになる)傾向があります。

▲TOPへ

 

●養子の場合は?

 養子は、原則として実子と変わりません。
 ただし、養子には、独特の問題があります。一番の違いは代襲相続です(代襲相続については、「A(男)が亡くなった。妻はいる。子はすでに亡くなっているが孫がいる」をご覧ください)。
養子縁組をした後で、養子に子(養親のとって孫)が生まれ、その後、養親よりも先に養子が亡くなり、その後、養親が亡くなって相続になった場合は、養子の子は、代襲相続人になります。養子縁組をした後に、その養子とさらに養子縁組した子も、代襲相続人になれます。
 ところが、養子縁組前に養子に子がいた場合、養子縁組前の養子の子は、代襲相続人になれません(その子が養親と養子縁組すれば、代襲相続人にはなりませんが、養子として相続できます)。

  なお、養子は、養親が亡くなった時に相続人になりますが、実親が亡くなった場合にも、相続人になります

 ところで、孫を養子にする場合があります。例えば、Aが、実の子Bの子C(Aの孫)を養子にした場合です。
 この場合に、Aよりも先にBが亡くなり、その後にAが亡くなった場合、Cは養子として相続人になるとともに、Bの代襲相続人にもなります。Aに妻がいなくて、子がBとC(養子)、そして、Bの弟のDだった場合、Bが先に亡くなり、Aが亡くなって相続が発生すると、C(養子・代襲相続人)の法定相続分は2/3(Cの養子としての法定相続分1/3とBの代襲相続人として法定相続分1/3の合計)、Dの法定相続分は1/3になります。

▲TOPへ

 

代襲相続人(孫)の地位

 

(1) 親が亡くなった場合だけではありません

 A(被相続人)、B(Aの子)、C(Bの子でAの孫)という場合でお話します。問題になるのはAの遺産の相続です。
 Aが亡くなる前にBが亡くなった場合、CはBに代わってAの遺産を相続できます。これが代襲相続です。

 ところで、Bが亡くなってはいないけれども、BがAの相続人になれない場合があります。この場合でも、Cが代襲相続する場合があります。

 その1つは、Bが「相続欠格」の場合です。相続欠格というのは、BがAを殺した場合、BがAを脅したり騙して遺言を書かせた場合、BがAの遺言書を偽造したり隠したり破棄した場合などです。この場合は、Bは法律上、当然に相続人でなくなります(本人が認めなければ、裁判所が判断することになります)。
 親を殺害するというは、なかなか凄い話ですが、この場合でも、孫のCは代襲相続人として、Aの遺産を相続することができます。

 もう1つが、廃除です。これは、BがAを虐待したり、重大な侮辱をしたということで、Aが生前にBを相続人から外すように請求したり、Aが遺言書にBを廃除してほしいと書いてあった場合に、家庭裁判所の判断で、Bを廃除して相続人でないことにすることです。
 これによって、Bは相続人でなくなるのですが、Bの子のCは代襲相続人として相続人になれます。
 Bの素行が悪く、他の子(Bの兄弟)などが働きかけて、AにBを廃除するという遺言を書いてもらうケースもありますが、家庭裁判所が廃除を認めても、CがBの代わりに遺産を相続することになります。BとCが同居している場合などは、Bを廃除してもあまり意味がない、ということがあります。

 

(2) 相続の放棄をしても代襲相続はありません

 Bが相続人でなくなるケースとして、Bが相続の放棄をする場合があります。この場合は、上のケースと違って、Cは代襲相続人にはなりません。
 Aに借金しかない場合には、Bは相続の放棄をしますが、Cも一緒に相続放棄をする必要はありません。

 Bが相続放棄をすると、Aの兄弟姉妹や、その子(甥姪)が相続人になる(AにB以外の子がいない場合で、Aの父母がすでに亡くなっている場合です)ので、この人たちは相続の放棄をする必要があります。なお、親が相続放棄をすると子が相続放棄する必要がないのは、兄弟姉妹の場合も同じです。つまり、Aの兄弟姉妹が相続放棄をすれば、その子(Aの甥姪)は相続放棄の必要はありません。

 

(3) 親の相続のときに相続放棄をしても祖父母の代襲相続人になれます

 A(祖父母)よりも先にB(親)が亡くなれば、Bの関係で相続が発生します。CはBの子ですから相続人です。この場合、Bに借金しかない場合、Cは相続の放棄をします。
 その後でA(祖父母)が亡くなった場合ですが、Cは代襲相続人になれます。そして、B(親)がAから相続するはずだった遺産を相続することができます。代襲相続の要件は「Bの子」だからです(「Bの相続人」という要件ではありません)。

 Bの債権者は、BがAよりも先に亡くならなければ、Bが相続したAの遺産に対して、差押えなどができたのですが、この場合には何もできません。

 

(4) 遺言の代襲相続はありません

 Aが遺言書に「・・・の不動産をBに相続させる」と書いた後で、BがAよりも先に亡くなった場合には、この遺言は無効です(「Bに相続させる」という部分だけが無効になります)。Bの子のCが、Bに代わって相続することにはなりません(最高裁平成23年2月22日判決)。

 AがCに遺産を譲りたければ、Bが亡くなった時点で遺言を書き直すべきです。ただし、Bが亡くなった時には、Aが病気や精神状態の関係で遺言の書き直しができない場合もあります(*1)。最初に遺言を作る時に、まだBが元気だったとしても、「もしも、自分よりも先にBが亡くなったら、Bに相続させる財産はCに相続させる」という遺言を作るべきです(*2)

 では、Bが亡くなった後で、遺言の書き直しができない場合にはどうにもならないのか、というと、平成23年の最高裁も例外があると言っています。それは、Aが遺言を書いた時に、「もしも、Bが自分よりも先に亡くなった場合には、孫のCにこの財産を相続させたい」と思っていたことが認められる場合には、Cがその財産を相続できると言っています(*3)。しかし、これが認められた例はほとんどありません(ないわけではありません)。

 

(*1) 実際にあった例ですが、Aが遺言を書いてしばらくしてから、事故をきっかけに遺言が書けない精神状態になりました。その後、Aの子のB(遺言を譲ろうとした子)に癌が見つかり、治療の甲斐なく亡くなりました。Aは遺言の書き直しができない状態でしたが、Bが亡くなって1か月もしないうちに亡くなりました。遺言を書いた時期は平成23年の最高裁の判決が出る前だったので、この判決を意識した遺言(Bが元気でも「もしも自分よりも先にBが亡くなったら」という遺言)を作る発想がありませんでした。そして、Aが亡くなったのはその判決が出た後でした(何とかうまく解決しましたが)。

 

(*2)Bが病気などでAよりも先に亡くなるかも知れないと思えば、「もしもBが先に亡くなった場合」という遺言を作りますが、そうでない場合には、気が引けます。しかし、万一、ということを考えて遺言は作るべきでしょう。なお、平成23年の最高裁判決が出た後は、公証役場では、「もしも先にBが亡くなった場合どうするか遺言に書きますか」という注意をする扱いになっています。

 

(*3) 「認められる」ための資料は、遺言書そのものの文面と客観的な人間関係などに限定されます。例えば、Aに3人の子がいて、それぞれの子に法定相続分相当の財産を相続させるという遺言を書いた後で、子のうちの1人が亡くなった場合には、亡くなった子に相続させようとした財産は、亡くなった子の子(孫)に相続させる意思があったと認められる可能性があります。また、Aに2人の子(BとC)がいて、そのうちBと、Bの子(孫D)と同居していた自宅を、Bに相続させるという遺言を書いた後で、Aよりも先にBが亡くなった場合には、孫のDに自宅を相続せる意思があったと認められる可能性があります。ただし、子が亡くなった後で遺言の書き直しができたのに、それをしなかった場合には、孫に相続させるつもりはなかったと認定される可能性があります。

▲TOPへ